SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、動画制作専門スタジオ 「STUDIO CRAV 」を渋谷に開設

 サイバーエージェントは、9月8日、広告動画の撮影・収録・編集専門スタジオ「STUDIO CRAV (スタジオ クラヴ)」を渋谷区に開設した。同スタジオは、商品・人物撮影に対応できる白ホリスペースのほか、居住空間やニュース番組などの撮影に対応できるハウス&番組スペース、ナレーションなどの収録スペースを完備したもの。「縦型動画」や「360度動画」、「VR」、「アニメ(CG)」のコンテンツ動画制作にも対応している。

 動画広告市場は拡大傾向にあり、動画広告配信の需要の増加とともに広告効果の高いクリエイティブが求められている。特に、インフィード広告やインストリーム広告の動画クリエイティブ配信においては、様々なバリエーションの商品・人物・シーン撮影を、スピーディーかつ高品質に提供できる環境と体制が不可欠だ。

 また、同社調査では、高品質な撮影素材の動画広告と、静止画素材で編集した動画広告を比較したところ、前者の配信ボリューム及び獲得件数が約9倍に伸長する結果もでている。

 この状況を踏まえ、同社は同スタジオを解説するに至った。また今後は、同社独自のストック動画素材提供サービスや画像解析技術、3DCGを活用したバーチャルスタジオの開設も視野に入れている。

【関連記事】
サイバーエージェント、新オフィス「Chateau Ameba」を開設〜AbemaTVのスタジオも
CyberBull、動画広告制作用に撮影スタジオをオフィス内に開設~撮影場所確保の時間と手間を短縮
Viibar、「ハリウッド撮影パッケージ」の提供を開始~アメリカでのロケ、VR技術の活用を容易に
本格的な動画編集がスマホでできる!UUUM、動画編集・投稿アプリ「MUUUVER」リリース
日経DUAL、新広告フォーマットを採用〜動画視聴しながら記事が読める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/08 11:00 https://markezine.jp/article/detail/25160

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング