SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

「あのキャンペーン」の担当者に直撃!

動画は500万再生を突破! オーストラリアの雄大な自然を自撮りで伝える「G!GA Selfie」


 旅先で写真を撮ってSNSにアップする。よく見る旅行のワンシーンです。けれど、スマホのカメラで自撮りをする場合、自分と風景を上手に収めるのは至難の業。このジレンマに目をつけたのが、オーストラリア政府観光局の「G!GA Selfie」です。認知度が高く人気もあるが、実際の渡航になると割合が下がる、という課題を持つ同国が仕掛けたキャンペーンの詳細を取材しました。

国内外で大きな反響を得た「G!GA Selfie」

 オーストラリア政府観光局が2015年に日本人観光客向けに実施したキャンペーン「G!GA Selfie」をご存知だろうか? その名の通り自撮り写真を雄大な景色とともに楽しめるというもの(下図がG!GA Selfieで撮影したもの)。旅先で良い写真を残したい観光客のニーズと、美しい自然をアピールしたいオーストラリア政府の考えがハマった事例だ。

 

#GIGASELFIE THE WORLD BIGGEST SELFIE SERVICE / 1st event 2015.09.05-06

Australiaさん(@australia.jp)が投稿した動画 -

 

 投稿されたセルフィー動画の再生は500万を超え、国内外から多くの反響を得た同施策。カンヌライオンズの複数部門で受賞し、国内でもコードアワードにて、成果(売上、会員獲得、イベント参加者など)が伴ったマーケティングコミュニケーション施策に与えられる「ベスト・イフェクティブ」を受賞している。この施策の狙いはどこにあるのか? 「G!GA Selfie」を担当した同局の江原正恵氏に詳しい話を聞いた。

「知名度はあるのに、いつか行きたい国」止まりからの転換を

Marketzine編集部(以下、MZ):G!GA Selfieというユニークな施策について、その経緯や狙い、実行までのプロセス、結果までを詳しく伺いたいと思います。そもそも、G!GA Selfieを行った背景はなんなのでしょうか?

江原:昨年、2015年8月1日にカンタス航空が成田-ブリスベン線、羽田-シドニー線を就航したので、それを盛り上げるキャンペーンを行いたいと考えたことがきっかけです。昨年2月頃から考えていた中でのアイデアでした。

オーストラリア政府観光局 シニア マーケティング エグゼクティブ 江原正恵氏
オーストラリア政府観光局 シニア マーケティング エグゼクティブ 江原正恵氏

MZ:オーストラリアへの渡航者には様々な人がいるかと思います。どのような人にどのような行動をとってほしいと考えたのですか?

江原:観光局の活動の大きな目的は、オーストラリアへの観光客の誘致と渡航の喚起です。ですから、せっかくオーストラリアに来ていただくならば、いろいろなところで様々な体験をして楽しんでいただきたい。特に今回は、まだオーストラリアをよく知らない日本人を意識しました。

MZ:初めてオーストラリアに行く方への、現地体験の提案だったのですね。

江原:そうですね。オーストラリアという国は知名度もあり、行ってみたい国のベスト5にはいつも入っています。ですが、実際の渡航となると、割合が下がる傾向があります。そこをどう変換させるかが、いつもキャンペーンを組み立てるときのポイントになります。今回は、まずソーシャルやデジタルでバズを作って、オーストラリアというものをみなさんに広く知っていただきたいと思いました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
“ソーシャル=若者”ではなく、“旅写真のシェア”という考え方

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「あのキャンペーン」の担当者に直撃!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

東城 ノエル(トウジョウ ノエル)

フリーランスエディター・ライター 出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/26 16:03 https://markezine.jp/article/detail/25180

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング