MarkeZine(マーケジン)

記事種別

移動予測データに基づく新たな位置情報連動広告を「駅すぱあと」が提供開始

2016/09/14 11:30

 乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を運営するヴァル研究所は、iPhone・Androidアプリ「駅すぱあと」において、同社が保有する移動予測データを活用したターゲティング広告を外部ネットワークと連携させた広告商品「Adgram(アドグラム)」の提供を2016年9月15日より開始する。

「Adgram(アドグラム)」のイメージ図
「Adgram(アドグラム)」のイメージ図

 駅すぱあと広告では、累計650万ダウンロード(※2016年6月末日時点)を超える乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」のユーザーの移動予測データを活用することで、ユーザーの生活圏や趣味趣向を独自にセグメント化し、ターゲティングした広告配信ができる。

 しかし、従来の駅すぱあと広告では、ターゲティング精度を高めれば高めるほど対象ユーザーが減り、十分な広告の接触回数が得られないという課題があった。「Adgram」はGoogleなどの外部メディアの広告枠と連携することにより、その課題を克服する。

 「Adgram」により、「駅すぱあと」アプリでの経路検索時の他、移動中のスマートフォンでのニュース閲覧時や、余暇時間でのエンタメ情報閲覧時など、多様なシーンにおいて広告メッセージを届けることが可能となる。

【関連記事】
ヴァル研究所とナイトレイ、路線図活用した訪日外国人解析サービスを提供
駅すぱあと、docomo Wi-Fi活用した「O2O型位置連動情報配信システム」による広告配信を開始
ディップ、ビーコン活用した広告の実証実験を開始 第一弾は多摩都市モノレールで
乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」、銀座駅周辺でビーコン活用した実証実験を開始
「駅すぱあと」運営のヴァル研究所、駅の属性をデータ化した「駅ゲノム」の提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5