SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

地域の生活者に愛されるお店の秘訣とは?トクバイ、生活者の店舗へのファンメッセージを分析

 トクバイは、同社が運営する小売店のチラシ・特売情報掲載サービス「トクバイ」において「このお店のここが好き」の投稿件数が約1年で1万件を超えたことを発表した。投稿された内容を傾向分析したところ、価格以上に商品との出会いやスタッフとのコミュニケーションから生まれる価値や思い出に心を打たれてメッセージを送る人が多いことがわかった。

 「トクバイ」は、2013年にクックパッドの新規事業としてスタートしたスーパーマーケットのチラシ・特売情報を掲載するサービス。登録ユーザー数は600万人、20~50代女性の多くが利用している。掲載店舗数は24,000店舗を超える。現在はスーパーマーケットだけでなく、ドラッグストア、ホームセンター、クリーニング、均一ショップ、個人商店(八百屋・魚屋など)といった地域の日常的な買物領域の情報を掲載している。

 今回、トクバイに投稿された1万件を超えるメッセージを「商品」「接客」「価格」「設備」「イベント」というキーワードに分類して傾向分析をしたところ、チラシや店頭で訴求の多い「価格」以上に、その店舗にしかない商品や質の良い生鮮食品などを支持する「商品」に関する投稿や、レジスタッフの接客、妊婦に対するスタッフの気遣いなど、「接客」に関する投稿が多いことが明らかになった。買い物行動の中で商品の価格はもちろん重要で、価格に関する投稿も決して少なくないが、そのお店にメッセージを送るほどの感動は、お店で生まれる体験やその思い出から作り出されることが多いようだ。今後も同社は地域の生活者の購買行動を分析て情報を小売店に共有することで、小売店が「トクバイ」や店頭でさらに良い情報発信ができるように支援をしていく。

【関連記事】
クックパッド、地域のチラシ・特売情報サービスを運営する子会社「トクバイ」を設立
Shufoo!、台湾の旅行会社と送客提携~訪日検討中の旅行者へ直接アプローチ
ニフティ「シュフモ」、売り場に応じてプッシュ通知送るプラットフォームを構築
オイシックス、買い物難民向けサービス「とくし丸」買収~3年で流通金額100億円への成長を
サイジニアと東芝テック、パーソナライズした店頭カタログの実証実験を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/28 15:00 https://markezine.jp/article/detail/25279

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング