SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中国から世界の検索市場へ、百度が日本向けサイト「Baidu.jp」を本格オープン

 百度公司の日本法人である百度株式会社は、世界進出の第1号として日本市場向けサービスである「Baidu.jp」を本格オープンした。提供を開始したのは、ウェブ・画像・動画・ブログ検索の4つ。同社は、既存サービスを単純にスライドするのではなく、すべて日本市場のために一からカスタマイズしたサービスを提供するという。

「百度」のトップページ。

 Baiduの検索技術は、Webサイトのリンク構成での評価を主体とせず、ユーザー行動を主体としたアルゴリズム、漢字を使ういわゆる「ダブルバイト」圏の持つ文化・文明・言葉の多様性に着目したキーワードの意味理解技術を特徴としている。

 Baiduの総裁兼CEOであるRobin Li(ロビン・リー)氏は「今回の本格サービスの開始は、日本でのチャレンジの第一歩。今回、公開するコアサービスを起点に、日本ユーザーのニーズ・行動にあったサービス・機能を順次投入し、日本、そしてアジアの検索ポータルサイトとしての存在感を示していければと」と語っている。

記者発表会は、六本木で開催された。
左から百度株式会社取締役 舛田氏、同社外取締役 出井氏、
百度公司総裁兼CEO ロビン・リー氏、百度株式会社代表取締役 陳氏

【関連リンク】
中国ナンバーワンの検索エンジン「百度」日本上陸
中国の高学歴ネットユーザー市場では、「Googleな人」と「百度な人」の割合は互角【CNNIC2007年検索市場レポート】
新規参入検索エンジンはYahoo! JAPANの牙城を崩せるか
電通と華光広告、中国にインターネット広告会社を設立
中国の女子大生がつくったウサギキャラをモトローラが採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/01/23 22:32 https://markezine.jp/article/detail/2535

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング