MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本ケンタッキー・フライド・チキン、オプト協力のもとデータ統合マーケティングを推進

2016/10/07 09:30

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(以下、日本KFC)は、オプトとの取り組みにおいて「IBM Marketing Cloud」を用いたデータ統合マーケティングを推進する。

 日本KFCでは、顧客とのコミュニケーションチャネルとして重要視している、アプリ会員数の拡大施策を展開し、現在500万ダウンロードを突破した。さらに2016年9月末にはアプリのリニューアルを行い、デザイン変更やクーポンのお気に入り機能などを追加しました。また同時に、来店チェックインでスタンプが貯まり、おトクなクーポンを取得できるチェックインスタンプカードのサービスも開始した。

 このようなアプリを中心としたデジタルメディア上で取得したデータとオフラインデータを活用したマーケティングを実行するため、オプトが「IBM Marketing Cloud」の導入を支援した。

 これにより、日本KFCが保有する実店舗のPOSデータ、自社サイト・アプリなどで収集したオンラインデータの統合・分析を行うとともに、顧客ひとりひとりのセグメンテーションに応じた施策の提案・実行を行う。

【関連記事】
NBAチームのオーランド・マジック、SASのソリューション導入~全チャネルのデータ統合進める
CyberZの「F.O.X」と「TREASURE DMP」が連携開始~スマホ広告をデータ統合で最適化
「TREASURE DMP」、「Informatica Cloud」との連携開始〜データ連携を容易に
割れたスマホ画面を見せると、ケンタッキーのスイーツ「クラッシャーズ」が無料に
SPARKx日本KFCが仕掛ける循環型O2Oキャンペーンスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5