SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クラウディアンなど4社、走行中の車種を認識してデジタルサイネージにターゲット広告を配信

 クラウディアン、電通、スマートインサイト、Quanta Cloud Technology Japanの4社は、JESCO CNSの協力の下、ビデオカメラの撮影映像から高速道路を走行する車種をAI(人工知能)で自動判別し、六本木のビル屋上に設置されたビルボードに車種別の広告配信をする実験を、2016年9月10日と17日の両日に実施した。

上:車種別広告配信実験の様子、下:道路広告システム構成
上:車種別広告配信実験の様子、下:道路広告システム構成

 これまで、デジタルサイネージの屋外広告ではターゲティング広告が難しいと言われ、事前に決められたスケジュールに従って広告を流していた。しかし、今後はディープラーニングを用いて自動車のメーカー名や車種の分類、モデル名などを高精度かつリアルタイムに認識・判別することにより、通行状況に最適化された内容で、タイミングよく広告を表示させることが可能となる。

【関連記事】
日産、行列に並んでいるだけで先頭まで連れて行ってくれるイスを開発〜店舗への無償貸与も予定
三井不動産レジデンシャル、LINE上でAIによる自動応答を開始~個人情報登録なく物件情報を取得可能に
人工知能がワインをレコメンド!大丸東京店「世界の酒とチーズフェスティバル」に「AIソムリエ」導入
セールスフォース・ドットコム、人工知能の提供を開始~研究行う組織も新設
朝日広告社、テレビメタデータと人工知能を活用した キャンペーンマネジメントの実証プロジェクトを実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/14 09:00 https://markezine.jp/article/detail/25405

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング