SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

「Airbnb」にそっくりだけど、何かが違う……? ベルギーのNGOによるホームレス問題啓発サイト

 「Airbnb」といえば宿泊先を探せるサービス。様々な物件を見ることができますね。あるNGOは、この人気サービスを模したキャンペーンを実施しました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2016年
 国名:ベルギー
 企業/団体:Solidarité Grands Froids
 業種:非営利団体

「宿泊」ではなく「寄付」ができます

 ベルギーのホームレス支援団体「Solidarité Grands Froids」が、ホームレスの過酷な生活環境を訴えるために、驚きの特設サイトをオープンしました。

 その名も『Notfairbnb』。サイトを見ると、部屋の貸し借りサービスで人気のAirbnbにそっくりです。

 しかし、よくよく見るとその掲載内容には大きな違いが。

 多種多様な宿泊施設・物件を掲載しているAirbnbに対し、『Notfairbnb』ではホームレスの人々が暮らす過酷な環境(物件)を掲載しているのです。

 「歩道脇にダンボールやマットレスを敷いたり、ベンチに敷かれた寝袋だったり、教会の近くで毛布にくるまったりと、その様子は見るに堪えないものばかり。

 それぞれの“物件”には「値段」がつけられており、ユーザーは宿泊の予約をする代わりに、ページ右側の赤色のボタン「Fair un don(寄付をする)」をクリックすることで、その「値段」分を団体に寄付できるようにもなっています。

 知名度の高まる人気Webサービスのイメージをうまく活用して、ホームレスの過酷な住環境の理解と寄付を促したNGOによる啓発Webサイトでした。

先週の紹介キャンペーン

 30億円相当のメディア露出!人々の夢を掻き立てるPR施策『エッフェル塔をあなたのものに!』

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング