SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

資生堂、スマホアプリを使ったパーソナライズドファンデーション生産技術を取得

 資生堂は、アメリカ地域本社のShiseido Americas Corporationを通じて、アメリカのベンチャー企業MATCHCo(マッチコー:以下、MATCHCo社)を買収した。今後、MATCHCo社が持つ革新的なデジタル技術と、資生堂グループが持つ研究技術開発力の相乗効果により、化粧品のパーソナライゼーション ビジネスモデルを強化していく。

 2013年に創設されたMATCHCo社は、現在、特許を取得した技術を基に、利用者がスマートフォンのアプリケーションを使い、簡単に自身の肌色を計測し、その肌色に合ったカスタムメードのファンデーションをオンラインで購入できるといった、ダイレクトに顧客と繋がるビジネスを展開している。

 MATCHCo社と資生堂グループの総力を結集することで、次のような事柄の実現を目指す。

  • 「化粧品のパーソナライゼーション」への対応を強化
  • 顧客の肌測定に関するデジタル技術の進化
  • ダイレクトマーケティングの展開の発展
  • 消費者と直接繋がることで得た顧客データのマーケティングへの活用

 また、既に強化をしているスキンケア、メーキャップ、フレグランスのセンター・オブ・エクセレンス(以下COE)、およびデジタルCOEと協働で取り組みを進化させることで、ファンデーションのカテゴリーに留まらず、この領域におけるビジネス拡大を実現していく。

【関連記事】
資生堂、ユニ・チャーム、ライオンが協業~売り場に関するデータ分析機能などを強化へ
資生堂の新ブランド「プレイリスト」~ECを販売チャネルに採用しwebでのコミュニケーション重視
ノビた髪がキマらない男たちへ。資生堂、パーソナルヘアスタイルBotサービス「uno roid」開始
資生堂、世界で一つのギフトにもなる魔法の似顔絵ジェネレーター「マジョリ画」を公開
資生堂ジャパン、購買データと「スキンケア大学」の行動データ組み合わせたマーケティングを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング