SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビル・ゲイツの最後の一手、MicrosoftがYahoo!に買収提案

 Microsoft側は、Yahoo!の発行済み株式のすべてを1株あたり31ドル、総額446億ドル(約47兆2,760億円)で買収することをYahoo!の取締役会へ提案。この金額は、1月31日のYahoo!株の終値に62%のプレミアムを付けたもの。支払は、現金またはMicrosoftの株式で行う。

Yahoo!買収提案を発表するMicrosoft社のプレスリリース。

 Microsoftはプレスリリースの中で、今回の買収の目的を、2010年には800億ドル規模に成長が見込まれるオンライン広告市場が1社に支配されている状況を変えることをためだとしている。この「1社」がGoogleであることは明らかで、MicrosoftはGoogle対抗策としてYahoo!買収によってシェア拡大をねらう。一方のYahoo!は2007年第4四半期と通期の決算発表で、サイトからの広告収入の減少と営業費用の増加によって、第4四半期の純利益は23%減。2月に1000人規模の人員削減を行うことを発表していた。

 Yahoo!は現在、Microsoftの提案を検討している最中で、この買収が実現すれば、検索市場の勢力図は大きく塗り変わることになる。

【関連リンク】
米Yahoo!、第4Q決算で1000人の人員削減を発表
「百度」が検索エンジンランキングで世界第3位、4強時代の始まり?【comScore調査】
中国の2007年ネット広告費、100億元突破【中国P4P市場予測】
Google買収額の100分の1、YouTube売上高の低さに投資家が衝撃
米MicrosoftがノルウェーのFAST Searchに買収提案、企業向け検索市場でGoogleを一歩リード?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング