SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

検索エンジン最終戦争は、Yahoo!買収実現後に始まる【データで見る全米シェアとGoogleの優位】

 MicrosoftによるYahoo!買収の目的は、これ以上オンライン広告市場でGoogleの優位を許さないという決意の表れだ。米調査会社Nielsenが発表した、2007年12月時点の全米トップサイトと検索エンジンのトップサイトのランキングデータをもとに買収後の情勢を予測してみよう。

 まず、ユニークユーザー数で全米のトップサイトを運営会社別に見ると、2007年12月時点では上位3つのサイトは以下のような僅差となっている。これを見るだけなら、MicrosoftによるYahoo!買収が実現すれば、両陣営が最大勢力となるのは確実となる。

2007年12月の全米トップサイトのユニークユーザー数

 サイトとしての集客力は接近しているものの、検索市場におけるシェアを見ると、2007年12月時点での米国市場シェアは以下のようになっている。カッコ内の数字は検索件数、パーセンテージはシェアを表している。

 1位 Google Search (40億6,253万件)56.3%
 2位 Yahoo! Search (12億7,376万件) 17.7%
 3位 MSN/Windows Live Search (9億9,589万件) 13.8%
 4位 AOL Search (3億3,976万件) 4.7%
 5位 Ask.com Search (1億5,952万件) 2.2% 

 今回のMicrosoftによるYahoo!買収提案が実現した場合、検索市場におけるシェアはGoogle56.3%に対して、MicrosoftによるYahoo!両陣営のシェアは31.5%。Googleとの差は依然として24.8%もある。オンライン広告はユーザーの検索行動と密接に結びついている以上、この差は縮まったとはいえ、小さいものとは言えない。

2007年12月の検索件数による全米検索市場シェア

 今回の買収が実現すれば、サイトの集客力では両陣営が最大勢力となる。しかし、検索と連動したオンライン広告市場におけるGoogleの優位は、この検索市場におけるシェアを見る限り、そう簡単ではさなそうだ。Microsoftがこだわっているオンライン広告市場におけるGoogle追撃には、Yahoo!の買収が絶対条件であり、そこから本当の戦いが始まるといえそうだ。

【関連リンク】
ビル・ゲイツの最後の一手、MicrosoftがYahoo!に買収提案
検索エンジン最終戦争は、Yahoo!買収実現後に始まる【データで見る全米シェアとGoogleの優位】
米Yahoo!、第4Q決算で1000人の人員削減を発表
Google買収額の100分の1、YouTube売上高の低さに投資家が衝撃
米MicrosoftがノルウェーのFAST Searchに買収提案、企業向け検索市場でGoogleを一歩リード?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング