SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビーコンで顧客行動を可視化 ウネリー、NTTデータらとマーケティング実証実験へ

 unery(ウネリー)は、NTTデータ、NTTデータ経営研究所、アイリッジと連携し、3月6日(月)から同月末日までの間、ビーコンを活用したメッセージ・キャンペーン情報配信サービスの実証実験を福岡県福岡市で行う。

 ビーコンとはBLE(Bluetooth Low Energy)デバイスの一種で、近接マーケティングの担い手として期待されている。極めて少ない電力消費でスマートフォン等と連携できることが特徴。ビーコンを場所やモノ等に設置すると、対応アプリがその電波圏内に入ったことを検知できる。それをうけ、スマホアプリで場所やシーンに応じた情報やクーポンの配信などができるようになる。

実証実験の概要

実証実験の概要

 本実証実験では、福岡市の各種店舗や駅、オフィス等様々な施設に設置されている合計3,000個以上のビーコンを活用し、約2,000人のモニターを対象として顧客行動に基づいたクーポンやキャンペーン情報などの配信を行う。

 実験の目的は、位置情報ログを活用したユーザー行動の可視化に取り組むと共に、配信情報の閲覧状況やクーポンの活用状況などを把握することにある。得られた知見をもとに、広域に配置されたビーコンネットワークを活用する共同事業の実現可能性や導入に向けての課題を把握していく。

【関連記事】
NTTデータ、観光地の話題量を測定可能に~Twitterの全量データやディープラーニング活用
NTTデータ、ディープラーニングによる「AI記者」実現の可能性を検証
位置情報活用した動画広告の配信実現~「Smart Canvas」と「GeoLogic Ad」が連携
LINEでコミュニティバスの位置情報を通知、恵那バッテリー電装が実証実験を開始
サイバーエージェント、高精度来店検知サービスの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/03/08 08:00 https://markezine.jp/article/detail/26171

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング