SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SNS市場、ブログを上回る倍増ペースで成長【コラボレーション製品市場調査】

 発表された資料によると、3つの市場のなかで2006年度の出荷金額ベースでの伸び率が最も高かったのはSNS市場で、前年比216.7%で6億円。同市場は2007年度も引き続き高成長を維持していることから、前年比218.8%の約13億円へと拡大すると予測している。

SNS市場ベンダー別出荷金額シェア(2006年度)
※画像はプレスリリースより転載

 ベンダー別の出荷金額シェアの2006年度のトップは、数多くの大規模な導入を獲得したビートコミュニケーションで、30.8%のシェアを獲得。2位はASP/SaaSに特化したループス・コミュニケーションズ(17.1%)、3位にオープンソースのSNS「OpenPNE」をベースにしたASP/SaaS製品を提供する手嶋屋(14.0%)が続いている。

 またSNSの活用分野を見ると、2006年度は顧客の囲い込みやマーケティング活動の一環など、社外コミュニケーション用途が市場を牽引。2007年度からは社内コミュニケーション用途が拡大すると見られており、特にパッケージ製品では同用途が3割近くまで増加すると同調査は予測している。また、提供形態別で見ると、2007年度は「ASP/SaaS」での出荷金額が8割を超え、特に社外コミュニケーション用途は、自社構築でなくASPが一般化する傾向が続きそうだ。

【関連リンク】
日本航空、So-netの法人向けSNSサービスを採用
ミクシィ、コミュニティの結びつきが一目瞭然となる「コミュニティブラウザ」機能を試験提供
SNS成長のカギは「平均フレンド数」にあり
第3回 MySpaceが示すティーンとSNSブランドの「危うい関係」
DeNA、モバゲーから一転、中高年向けSNS「趣味人倶楽部」スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/07 19:50 https://markezine.jp/article/detail/2638

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング