MarkeZine(マーケジン)

記事種別

朝日新聞社、人工知能への取り組みを加速~レトリバと自然言語処理で共同研究へ

2017/05/15 11:45

 朝日新聞社は、レトリバと自然言語処理分野における共同研究契約を締結した。「自然言語」は、人間が使う言葉の総称で、自然言語処理は人工知能(AI)を支える研究分野の一つである。これにより、両社が保有するデータや技術を共有し、エンジニアが連携して研究開発に取り組む。

 本共同研究の目的は、主に朝日新聞社とそのグループ企業が保有する、ニュース記事に代表される大量の日本語データを、両社のエンジニアが連携して機械学習、特にディープラーニング(深層学習)の技術などを用いて解析し、将来的に両社に利益をもたらす研究成果を創出すること。特許や学術論文の発表により、社外への技術還元も目指す。

【関連記事】
トヨタ、NVIDIAのAI技術を採用~自動運転車の市場導入を加速
NRI、窓口業務を効率化・高度化するAIソリューション「TRAINA」の機能拡張 チャット対応強化
SNSから自動で記事を作成!Spectee、「AI記者」技術に関するビジネス関連特許申請へ
神戸デジタル・ラボ、 AI技術で消費者の興味と関心を導き出す「nosy」リリース ワコールが先行導入
楽天、日本IBMと「楽天AIプラットフォーム」を構築  チャットボットのスムーズな導入可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5