SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フロムスクラッチ、約32億円を資金調達 人工知能技術やデータ統合基盤の開発強化

 マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発・提供を行うフロムスクラッチは、産業革新機構、Rakuten Ventures Japan fund、既存株主などを割当先とする第三者割当増資などにより、総額約32億円の資金調達を完了したと発表した。

 同社はこれまでに、北米を主な活動拠点とするDraper Nexus Venture Partnersをはじめ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズや電通デジタル・ホールディングス、グローバルブレイン、日本ベンチャーキャピタルらから約13億円の資金調達を実施しており、「b→dash」をリリースした2014年10月以降の累計調達総額は約45億円になった。

 今回調達した資金に関しては、「データ統合基盤の開発強化」と「データの高速処理エンジンの開発強化」に充て、企業が直面するデータ課題の解決に注力していく。さらに、「b→dash」が統合・管理するビッグデータに、人工知能技術をはじめとする最先端技術を組み合わせたソリューションの開発を、技術提携機関である研究所やパートナー企業と共同して進めていく。

【関連記事】
フロムスクラッチの「B→Dash」と「LINEビジネスコネクト」が機能連携へ
フロムスクラッチ、人工知能研究機関「TechJIN」を福岡に設立
フロムスクラッチの「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連携を開始
フロムスクラッチ、第三者割当増資を実施し約10億円を資金調達
フロムスクラッチ、『Marketing Automation Collage』でMAの事例動向を発信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/05/17 10:02 https://markezine.jp/article/detail/26509

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング