SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブランド価値世界一はGoogle~ランキング上位をテクノロジー系企業が独占【WPP調査】

 WPPグループのカンター・ジャパンは、今年で12年目となる、2017年の「BrandZ Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking (最も価値のあるグローバルブランド トップ100ランキング)」を発表。本調査は、消費者調査に基づいて測定されたブランド資産と、企業の財務実績・業績分析を組み合わせており、ブランド価値の算出はカンター・ミルウォード・ブラウンが実施した。

ランキング上位はテクノロジー関連が独占

 ランキングのトップ5は、1位から順に「Google」「Apple」「Microsoft」「Amazon」「Facebook」。ランキング上位をテクノロジー系企業が独占し、テクノロジー最大手企業がもつブランド力と市場における確固たるポジションを示す結果となった。

 また、トップ10中9社はテクノロジー関連ブランドで、さらに2017年に初めてトップ100にランクインした新参7ブランドもすべてテクノロジー関連企業。新参ブランドは、「Xfinity」「YouTube」「Hewlett Packard Enterprise」「Salesforce」「Netflix」「Snapchat」「Sprint」の7社だ。

日本のブランドではトヨタがトップ

 なお、日本のブランドでは、自動車カテゴリーの3ブランド「Toyota」「Honda」「Nissan」と通信プロバイダーカテゴリーの2ブランド「NTT」「Softbank」が、100位にランクインしている。

【関連記事】
コカ・コーラをおさえ、アップルが首位に【グローバル・ブランドランキングTOP100】
BtoC編ブランドランキング、セブン-イレブンが首位に~YouTube、日清食品が追随
広告レポート作成ツール「アドレポ」がBigQueryと連携 ガリバーのIDOMが導入へ
FULLER、2016年上半期アプリMAUランキングを発表~ゲームはツムツム、SNSはFBが1位に
2016年上半期サイト訪問者数ランキング、キュレーションメディアが大幅伸長【ヴァリューズ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/09 09:00 https://markezine.jp/article/detail/26611

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング