SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インスタグラム、企業タイアップ投稿をよりわかりやすく明記へ~インサイト分析ツールも提供

 Instagramは、今後数週間のうちに、インフルエンサーやパブリッシャーなどのクリエイターが、スポンサー関係にあるビジネスに関する投稿をInstagramにシェアする際、該当するフィードやストーリーズ投稿のサブヘッダーに「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」(英語表記:Paid partnership with XXX)と表示されるようになることを発表した。

投稿されたコンテンツの背景にある関係性がより明確に

 報酬の授受が存在するパートナーシップによるコンテンツについて、高い透明性と一貫性を実現し、健全なコミュニティを実現する狙い。最初はごく少数のクリエイター及びビジネスを対象にツールの提供を開始し、数ヵ月以内に公式なポリシーと施行ガイドラインをもって提供範囲を拡大する予定だ。

タイアップ投稿の反響を分析するインサイトツールを提供

 今回提供を開始する新しいツールによって、クリエイターは協業しているビジネスを簡単に投稿にタグ付けできるようになる。フィード及びストーリーズ投稿には「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」というサブヘッダーが付き、スポンサー関係にあるビジネスの名称が続いて表示される。

日本語での投稿イメージ

 また、ツールを使用してタグ付けすると、クリエイターとビジネスパートナーの両者が、該当する投稿のインサイトにアクセス可能に。これにより、投稿に対するフォロワーの反応を簡単に共有できるようになる。

インサイト分析ツールのイメージ

【関連記事】
Instagram、Exploreページで場所やハッシュタグに関連したストーリーズ投稿の表示開始
大学生のフェイスブック離れ進む 女子の約6割が「インスタグラム」「SNOW」利用
インスタグラム、ストーリーズ向けの新機能を追加 フィルター加工や「逆再生」撮影など可能に
トレンダーズ、食領域に特化したインスタグラムマーケティング専門部署「#デリラボ」設立
インスタグラムの「消えるライブ動画」が日本でも利用可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング