SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEとKudanが業務提携~カメラアプリ「B612」のAR機能強化へ

 KudanとLINEは、LINEの自撮りカメラアプリ「B612」のAR機能のさらなる拡充を図る目的で、業務提携を行った。

 「B612」は2014年8月にサービスが開始され、世界で累計3億件以上ダウンロードされているカメラアプリ。その一機能であるARフィルターは、カメラ越しの風景を一味違った写真や動画に加工し、幻想的な空間を広げることが可能だ。

カメラアプリ「B612」
カメラアプリ「B612」

 今回、LINEと業務提携するKudanは、独自開発のVisual SLAM(Simultaneous Localization And Mapping)技術をコアに、AR/MR/VR、IoT、ロボティクス向けに空間認識技術を提供している。Visual SLAM技術では、カメラの画像情報から、デバイスの位置の認識と周囲の環境地図の作成を、瞬時かつ高精度に行うことが可能。また同技術は、iOSやAndroidに対してクロスプラットフォームで、専用デバイスに依存しないため、汎用性が高いことも特徴だ。

 カメラアプリにおけるAR機能の拡充が期待されるなか、Kudanの技術をもとに、両社は次世代のユーザー体験を実現する。

【関連記事】
LINE、自撮りアプリのSnowに出資~LINE保有の議決権割合は25%に
LINE LIVE、インストリーム広告を年内に搭載へ MAU1.300万超のサービスで広告配信可能に
IQOSとLINEが事業提携 One to Oneコミュニケーションの実現目指す
SNOW、コアラのマーチとコラボ開始~スタンプを無料配布
電通ブルー、世界中のスマホカメラと繋いで写真が撮れるカメラアプリ「ChainSnap」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング