SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Criteo、広告在庫を広告主と直接つなぐ新技術でパブリッシャーに平均20%の収益増を実現

 Criteoは新たなプログラマティック・バイイング・テクノロジー「Criteo Direct Bidder」の日本における提供開始を発表した。

 パブリッシャーの広告在庫とCriteoが抱える1万5,000社超の広告主を直接つなぐことで、パブリッシャーがサードパーティに支払う手数料の削減に貢献。パブリッシャーはCriteoが直接購入するディスプレイ広告およびネイティブ広告で高い収益を得ることができるという。加えて、アドブロックしているユーザーの収益化にも対応している。

 Criteoは「Criteo Direct Bidder」によってパブリッシャーには平均20%の収益増が期待され、広告取引の透明性が向上することで広告主のパフォーマンスにも好影響を与えるとしている。

【関連記事】
運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」、Criteoへの接続を開始
SSP「AdStir」、DSP 「Criteo」と連携
Criteo、「2017年デジタルコマース&マーケティングの展望」を発表
約8割が「旅行予約はネットから」/初めての旅行予約は店頭窓口を選ぶ傾向【Criteo調査】
日本のモバイル売上比率、62%で世界1位【Criteo/2016年版ファッションフラッシュレポート】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング