SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Appier、AIでオーディエンス分析・予測するプラットフォーム「AIXON」を日本で提供開始

 Appier(エイピア)は、AIを搭載したデータインテリジェンスプラットフォーム「AIXON(アイソン)」の日本市場に向けての提供を開始した。

 企業はAIXONを活用することで、自社が保有するデータとAppierが保有する消費者データベースである「Cross X AIデータベース」を統合し、分析結果をマーケティングに活用できる。「Cross X AIデータベース」は、約20億のデバイスにひもづいているアジア地域の消費者行動や嗜好性に関するデータを格納している。

 具体的には、ユーザー企業はAI技術を活用してオーディエンスの行動や嗜好を予測分析できるようになる。ユーザー企業はアイソンを使って、特定のオーディエンスデータを出力して自社のCRMシステムと連携することや、「Appier Cross Xプログラマティックプラットフォーム」などの広告配信プラットフォームを通じて広告施策を展開することができる。

 アイソンの利用例としては、パブリッシャーが今後会員登録する可能性のある訪問者を特定してアプローチすることで会員登録者の増加を目指すケースや、データを分析することでユーザーの興味を引くトピックを発見し、その趣味・嗜好性を自社のCRMシステムに統合して、コンテンツ戦略を最適化するケースが想定されている。

 また、EC企業が自社サイトのデータを分析し、最も購入しそうなユーザーを特定して施策を集中させることでCV率を高めることや、モバイルアプリ事業者が離脱の可能性が高いユーザーを特定し、リテンションを高めるための施策を展開するといったことも可能になる。

【関連記事】
ハンドメイドCtoC「minne」、Appierの人工知能導入 CV数が約4倍増加
ゲームアプリの提供行うKLab、ROAS最大化を目的にAppierのAIソリューションを導入
フィードフォース、人工知能を活用したクロスデバイスDSP Appierと協業開始
Appier、人工知能を使った高精度クロスデバイスターゲティング広告を日本で本格展開
離脱の原因はどこにある?Kaizen Platform、「サイト健康診断サービス」の提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング