SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

約半数がスマホのみでネット利用/10代は7割に達する結果に【LINE調査】

 LINEは、2017年上期のネットの利用環境に関する調査を実施した。同社では2年前より半期に一度スマートフォンなどでのネット利用に関する定点調査を行っており、今回よりその調査結果の公表を開始した。

日常的なネット利用環境、「スマホのみ」が最も多い結果に

 日常的にネットをPC、スマホのどちらで利用するかを調査したところ、「スマホ」の利用者は全体の85%、対して「PC」の利用者は46%であることがわかった。

出典:LINE調べ(訪問留置調査・2017年4月実施・n=759・15~59歳)
※少数第1位を四捨五入して表記
※スマホ・PCを非利用の人(ベン図の外の人の内訳):
タブレットのみ利用0.8%、ガラケーのみ利用2.0%、タブレット+ガラケー併用0.4%、いずれも利用していない6%

 また、構成比として最多は「スマホのみ」での利用者で約46%、「スマホとPC」の併用者は39%で、「PCのみ」の利用者に関してはわずか6%に留まった。

若年層ほど「スマホのみ」での利用高まる

 次に、年代層別に先述の調査を見ていくと、全体的に「スマホのみ」での利用者が「スマホとPC」併用者を上回る傾向が見られ、特に若年層ではその傾向が強く、10代では「スマホのみ」での利用者が7割にも達した。

出典:LINE調べ(訪問留置調査・2017年4月実施・n=759・15~59歳)
※少数第1位を四捨五入して表記

【調査概要】
  調査地区:全国
標本抽出方法:住宅地図データベースから世帯を抽出し、個人を割り当て
  調査方法:調査員による個別訪問留置調査
 調査対象者:15~59歳の男女 合計759サンプル (人口構成比に沿って抽出)
  調査期間:2017年4月

【関連記事】
女子高生、LINEをどう使ってる?LINEがWeb動画「JKのLINEあるある」を公開
ソーシャルPLUSとMAJINが連携 LINEを起点としたOne to Oneマーケティングを実現へ
マクロミル、スマホファーストなアンケート画面を開発 回答満足度も向上
インティメート・マージャー、CAのスマホ動画アドネットワーク「LODEO」と連携
「検索はSNSで」がスマホネイティブ女子の当たり前!?【リゼクリニック調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング