SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテージ、日本気象協会と需要予測で連携開始 全国小売店パネル調査と気象情報の統合的分析が可能に

 インテージは、メーカーなど「SRIデータ(全国小売店パネル調査データ)」の利用企業が同データを日本気象協会に提供し、気象情報をもとにした商品需要予測情報を受け取ることについて、日本気象協会と合意した。

 これにより、メーカーなどのSRIデータ利用企業は、インテージによって自社用にカスタマイズされたSRIデータを日本気象協会に開示し、気象データに基づいた需要予測を受け取れるようになる。

 具体的には、日本気象協会が過去5年分のSRIデータを用いて、対象商品と気象との関係(気象感応度)を解析し、結果を元に需要予測の計算式を開発し、最大3ヵ月先の需要予測情報を提供する。その上で、最新のSRIデータを元に需要予測の計算式の高度化を行い、より高精度の需要予測を提供するとしている。

 既に食品メーカーなどで、SRIデータの日本気象協会への提供は始まっていた。インテージと日本気象協会は今回の合意によって、データ連携の試みをさらに広げていく狙いだ。

 なお、SRIデータとは、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター・ディスカウントストア、ドラッグストア、専門店など全国約4,000店舗より継続的に、日々の販売情報を収集している小売店販売データ。

【関連記事】
ゼロスタート、ノーチラス・テクノロジーズと提携し「販売予測システム」をリアル店舗向けに提供
サイバーエリアリサーチとDA、天候で変化するユーザー行動をリアルタイムにターゲティング可能に
日本IBM、企業向けの気象情報提供サービスを開始 ~気象データとコグニティブ技術を融合
日本気象協会、天気・気温に応じた広告配信が可能なサービス「天気マッチング広告」を開始
スキルアップ・ビデオテクノロジーズ、tenki.jpと連携し新たな広告商品の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/21 15:30 https://markezine.jp/article/detail/26959

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング