SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTT ドコモと日本通信、MVNOサービスのための相互接続で基本合意

 MVNO(仮想移動体通信事業者)は、携帯電話などの無線通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供する事業者のこと。日本通信は、ドコモの3Gネットワークを使用したMVNO事業を展開するため、iモード/非iモード端末接続用の2つの相互接続点における相互接続を申し入れ、iモード端末接続用については、すでに相互接続協定を締結しサービスを開始している。

 一方、非iモード端末接続用の相互接続点における相互接続については両社の協議が整わなかったことから、総務大臣による裁定を求める申請を行い11月30日に裁定が下されていた。両社はこれを受けて協議を重ねて今回の基本合意に至ったが、相互接続の料金については引き続き協議を進めていくという。

【関連リンク】
IIJとイー・モバイル、MVNOでのサービス開始に合意、高速・使い放題の固定課金プランを提供
NTTドコモ、携帯純増数でイー・モバイルに抜かれる
ドコモは「信頼できる」、ソフトバンクは「チャレンジャー」【携帯キャリアイメージ調査】
ドコモの携帯で「YouTube」が視聴可能に
NTTドコモが語るiモードのコンテンツ戦略と今後の可能性

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/14 13:50 https://markezine.jp/article/detail/2697

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング