SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MailPublisherがメールアドレス精査機能を強化 件名と開封率の相関レポートも実装へ

 チーターデジタルは、メール配信システム「MailPublisher」の機能を強化する。9月に「リストクリーニングサービス」のリニューアルを実施し、10月にはマーケティングレポートに「件名と開封の相関レポート」「配信結果ダウンロード」2つの機能を追加する予定だ。

「リストクリーニングサービス」が最速100万通/時に

 リストクリーニングサービスでは、ISPや携帯キャリアからスパムメールとの誤判定を受けることなく、メールアドレスの配信可否を判別することができる。今回のリニューアルにより、ユーザーは精査のスピードを選択できるようになり、最速で1時間あたり100万通で配信可否がわかるようになった。本機能は、一定期間放置されたアドレスリストに対してメールを配信する場合に活用することが想定されている。

「マーケティングレポート」に「件名と開封の相関レポート」「未開封アドレスDL」機能が追加

 メール配信についての視覚的で多角的なレポートを作成でき、PDCAサイクルに活用できる「マーケティングレポート」に新しい機能が追加された。

 第一に、過去のメール配信結果をもとに、件名と開封の相関レポートをグラフ化できるようになった。グラフは目的によって、「俯瞰バブルチャート」「比較バーチャート」「割合パイチャート」の3種類から選べるようになっている。この機能によって、データに基づいて件名を改善できるようになった。

左から俯瞰バブルチャート、比較バーチャート、割合パイチャート
左から俯瞰バブルチャート、比較バーチャート、割合パイチャート

 第二に、メールを配信したリストから、未開封のメールアドレスをダウンロードできるようになった。この機能によって、メールで反応しないユーザーに対して、他のチャネルでの施策を実施することが容易になる。

配信結果ダウンロード画面
配信結果ダウンロード画面

【関連記事】
MailPublisher、ユーザー行動を可視化する「クリック分析レポート」機能を実装
チーターデジタル、MailPublisherに「ABテスト」など3つの機能追加
エクスペリアンのクロスチャネルマーケティング部門が新会社「チーターデジタル」として事業開始
「AudienceOne」とチーターデジタル「MailPublisher」が連携、パーソナライズメール配信可能に
チーターデジタルの「MailPublisher」、Intimate MergerのDMPと連携へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/25 09:00 https://markezine.jp/article/detail/26974

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング