SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ナノ・ユニバース、チャットボットによるカスタマーサポートを空色と実施

 アパレルブランドのナノ・ユニバースは、同社運営のWebサイトにて、AI(人工知能)技術を活用した空色のWeb接客ソリューション「OK SKY」のチャットボットと有人対応を組み合わせ、顧客からのお問い合わせに対し半自動で回答するカスタマーサポート体験の提供を開始した。

 同ソリューションのチャットボットは、ナノ・ユニバースのWebサイトやアプリケーション上で発生する顧客からの問い合わせに自動で応対している。EC化率40%を達成しているナノ・ユニバースでは、顧客のスマートフォン利用比率も年々高まり、今回のチャットボット導入により顧客は場所や時間を問わず24時間365日、チャットを通じて、気軽に問い合わせが可能となる。

 今回提供されたチャットボットは、顧客から寄せられる問い合わせの約9割以上を既に学習しており、サービス開始後もAIへの学習と、データチューニングに取り組むことで回答範囲の拡大と精度を高めていくことができる。

 また商品やセールなどに関する質問へは、チャットボットで一次応対を行った後にスタッフへと応対を引き継ぐことで、顧客の購買意欲を下げることなくアプローチを行える。

【関連記事】
「LINE WORKS」と「hachidori plus」が連携 よりスムーズな顧客対応を実現
チャットコンシェルサービス「ShowTalk」がAIによる回答候補サポート機能を実装
ケイ・オプティコム、「IBM Watson」を活用したチャットボットサポートを導入
カラフル・ボード、「SENSY BOT for Biz」をリリース~エイチ・アイ・エスが導入
サイバーエージェントのチャットボット、ユーザーが選択肢を選べる「シナリオ型応対」に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/09/08 08:00 https://markezine.jp/article/detail/27055

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング