SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DAC、アドフラウド対策としてSSP「YIELD ONE」利用媒体社への「ads.txt」設定支援へ

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)とDACの連結子会社であるプラットフォーム・ワン(以下、P1)は、SSP「YIELD ONE」利用媒体社等に対し、米国のインタラクティブ広告業界団体Interactive Advertising Bureau(以下、IAB)が推奨する「ads.txt」設定の支援を開始する。

  「ads.txt」は、Ad Fraud(広告詐欺)への対応としてIABが提唱する、プログラマティック広告の透明性を向上させるための取り組み。媒体社は、自社の「ads.txt」ファイルを作成し、自社媒体のウェブサーバーに設置・公開することで、広告枠の販売を許可する事業者(SSP、アドエクスチェンジ等)を示すことができる。

 DSP事業者はその内容を確認し、 買い付けを行うことで特定のドメインから配信されたと見誤らせるような偽の広告枠への広告出稿を防ぐことが可能になる。既に欧米では、 多くのニュース系大手媒体社や各広告システム提供事業者が対応を宣言しているという。

ads.txtの記載項目

  • 販売先事業者のドメイン
  • 販売先事業者にとっての媒体社ID
  • 販売形式(DIRECT/RESELLER)
  • 認定機関ID(TAGID等)

  P1は「YIELD ONE」利用の全媒体社にads.txtを推奨し、設定対応等の支援をするとともに、今後、P1が提供するDSP「MarketOne」が連携しているSSPやアドエクスチェンジに対しても「ads.txt」への対応を呼びかけていく。また、DACも取引先の各媒体社へ「ads.txt」の普及を推進していく。

【関連記事】
博報堂DYMP、博報堂DYデジタル、DACの3社、広告の透明性、品質高めるサービスの提供開始
アドフラウドが最も多いアプリのカテゴリは、ニュースおよびエンターテイメント分野【AppLift調査】
モバイル効果計測ツールの「TUNE Marketing Console」がアドフラウド対策機能を実装
GMO SSPがBlack Heronと連携 ドメイン偽装やアドインジェクションなど広告不正に対応
Phybbit、AIを活用したアドフラウド対策サービス「SpiderAF」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング