MarkeZine(マーケジン)

記事種別

任天堂著作物を利用したニコニコ生放送が可能に ドワンゴが任天堂と包括許諾契約を締結

2017/09/22 12:00

 ドワンゴは「niconico」の「ニコニコ生放送」において任天堂と任天堂著作物を利用したニコニコ生放送に関する包括許諾契約を締結した。任天堂のタイトルでの生放送が可能になり、日本におけるe-Sportsの環境整備に貢献しそうだ。

 ドワンゴは、同社が運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」において任天堂と任天堂著作物を利用したニコニコ生放送に関する包括許諾契約を締結した。niconicoでは、2014年12月に動画配信において同様の契約を締結していたが、今回の契約締結で任天堂指定の著作物を利用した創作・配信活動が、生放送でも可能になった。

 9月にはアマゾン傘下のソーシャルビデオプラットフォームTwitch(ツイッチ)が東京オフィスを設置したこともあり、e-Sportsの日本市場への浸透が徐々に進んでいると言えそうだ。

【関連記事】
生放送配信界の黒船、アマゾン傘下ソーシャルビデオプラットフォーム「Twitch」が東京オフィス設立
Amazon、ゲームのプレイ動画のTwitchを9億7000万ドルで買収
ルビコン・プロジェクト、ニコ動のインストリーム広告枠へ動画広告配信を開始
CyberZ、ゲーム攻略情報を活用したリテンションサービスを開始
電通、「テトリス」の国内商品化権・広告利用権を獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5