SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE LIVE、インストリーム広告「LIVE Video Ads」を導入

 LINEは、9月25日、同社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」において、インストリーム広告「LINE Video Ads」を導入した。

Pre-roll 画面遷移イメージ
Pre-roll 画面遷移イメージ

 「LINE LIVE」は、誰でも簡単に動画を配信することができ、配信者と視聴者が双方向でコミュニケーションできるライブ動画プラットフォームだ。同社は「LINE LIVE」において、独自の番組やスマートフォンならではの演出をしたミュージックビデオの制作など新しい取り組みを始めており、現在の月間利用者数は2,800万人を突破している。

 今回「LINE LIVE」上での配信がスタートする動画広告は、ライブ動画・アーカイブ動画の前に自動再生され、映像をクリックすることで外部サイトへの誘導が可能。スマートフォンならではのクリエイティブにより、高い訴求を実現することができる。また問題のあるコンテンツは、配信内容を判断したうえで削除などの対応を取り、過度な誹謗中傷コメントについても監視・ユーザーからの通報を受け付ける機能によって広告主とユーザーをサポートする。

エコシステムイメージ
エコシステムイメージ

 また「LIVE Video Ads」の収益は配信者へ還元することで、配信コンテンツのクオリティの向上を促進。視聴者の配信コンテンツに対する満足度と広告主のブランディングや認知度の向上を実現するエコシステムの創造を目指す。

 また今後は、配信者がLIVE配信中に好きなタイミングで動画広告を挿入できる「Mid-roll」をはじめ、配信コンテンツと横並びに広告を掲出できる「In-feed」、最適な広告表⽰が可能な「プログラマティック広告」、特定の配信にのみ表⽰する「リザベーション広告」など、様々な広告メニューの導入を検討している。

【関連記事】
LINEデリマ、サービス開始50日で150万登録を突破!東京都以外のユーザーが7割と全国に普及か
LINEアプリ内の「ニュースタブ」が刷新 ユーザーに合わせて天気や鉄道の運行情報などを表示
アクションログからLINEユーザーへセグメント配信を可能に!トランスコス、新サービス提供
「LINE LIVE」がドイツに進出 欧州メディアグループ会社と共同展開
ライフネット生命保険、LINEのグループトーク機能を活用した保険相談サービスをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング