MarkeZine(マーケジン)

記事種別

リアリティ番組の手法で空港の「暮らしやすさ」訴求!中国人俳優がヘルシンキ空港30日間生活にチャレンジ

海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。今日は世界最高の空港と称されるヘルシンキ空港のプロモーションに着目。中国の有名俳優が空港での30日間生活にチャレンジします。クローゼットは? お風呂は? ご飯は? どんな生活が繰り広げられるのかつい気になってしまう、うまい取り組みです。

キャンペーン概要

 時期:2017年
 国名:フィンランド
 企業/ブランド:Helsinki Airport
 業種:空港

30日間の空港生活チャレンジ!

 ヨーロッパ有数のオンライン旅行会社・Travellinkで「The best airport in the world(世界最高の空港)」と評されたヘルシンキ空港が、ユニークなソーシャルメディア施策を発表しました。

 「#LIFEINHEL」と名付けられたこの施策。中国の俳優・朱晓辉(Ryan Zhu)氏が、10月10日から30日間にわたりヘルシンキ空港内の小さなキャビンに住み、その様子をソーシャルメディアで配信するという試みです。

 「空港で“生活”している様子」を配信することで、評価の高い・優れた空港であることをユニークなアングルから発信する狙い。さらに中国人俳優を起用することで、アジアから最短最速でアクセスできるヨーロッパの空港であるという点も示唆する思惑があるようです。

 ヘルシンキ空港を運営するFinaviaのマーケティング・コミュニケーション担当者は「空港の全員がRyan Zhuの到着(プロジェクトの開始日)を待っている。ヘルシンキ空港を本当の自宅のように感じてもらいたい」と意気込み十分。

 プレスリリースに記載されているソーシャルメディアのアカウントは、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、Weibo、WeChat、Yizhibo(中国の生放送配信サービス)、Youku(中国の動画共有サービス)とあり、中国人ユーザーへの対応もバッチリ。本取り組みのプレスキットも英語、フィンランド語、スウェーデン語、ロシア語、中国語と5か国語分を用意する力の入れようです。

 現在10月10日のチャレンジ開始を控えて、これらSNSを通じて積極的に告知投稿がなされています。weiboではRyan氏のアカウントでもPRされています。

 

This is Ryan. Helsinki Airport will be his home for 30 days. #LIFEINHEL

#LIFEINHELさん(@lifeinhel)がシェアした投稿 -

 数ヶ月間にもわたり“空港から出られなくなった男”にスポットをあてて描かれた映画『ターミナル』(The Terminal)を彷彿とさせる本企画。開始後の展開にも注目が集まります。

先週の紹介キャンペーン

方言で喋ってコーラをGET!地方都市のPRに貢献して共感をよんだコカ・コーラの音声認識自動販売機

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5