SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通テック、レモネードのインスタ特化型プラットフォームと連携 SNS上での話題化からCRMまで支援

 電通テックは10月1日、レモネードと業務委託契約を締結した。あわせて、レモネードのInstagram特化型インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUENCER ONE(インフルエンサーワン)」の運用によるSNS上でのコンテンツ拡散から、電通テックが提供しているSNSマーケティングサービス「SC121」によるCRMまで、ワンストップでのサービス提供を開始する。

 LINEと連携してSNS上のコンテンツを収集・継続的なCRMを可能にする「SC121」に「INFLUENCER ONE」をサービス連携することで、SNS上での投稿の盛り上げ・ブランドエンゲージメントの向上を実現する。

 写真投稿キャンペーンをはじめとしたSNSプロモーションにインフルエンサーが参加することで拡散を促進し、参加者数の増加に寄与できる。さらにキャンペーン後も、その参加者とLINE上でOne to Oneコミュニケーションが可能になった。

 また今回の連携によって、「SC121」導入時にInstagramにおけるインフルエンサーのアサインが行える。1万人フォロワー以上を対象とした基本登録制で、案件ごとの公募により「参加意向が高く親和性が高い」インフルエンサーを起用することができる。

 さらに、インフルエンサーはリアルタイムでデータベース化されているため、投稿コンテンツの傾向を分けた10種類のカテゴリーや、よく使用されるハッシュタグなどからインフルエンサーの選定を行うことも可能だ。

 また、電通テックは「INFLUENCER ONE」の運用サービスの提供も開始。同社にてインフルエンサー活用企画のプランニング、全体統括を行い、グループ会社である電通カスタマーアクセスセンターにて「INFLUENCER ONE」の運用を行う。

【関連記事】
電通テック、「LINE ビジネスコネクト」の販売代理店に 既存サービスとの連携も
電通テック、売り場からバナー広告を即座に配信できるサービスリリース
電通テック、キャンペーンのデジタル化を進めるサービス開始
集英社、雑誌専属モデルや読モを活用したインフルエンサーマーケティング事業に参入へ
BitStar、インフルエンサーマーケティングのプランニング・分析ツールをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/13 12:30 https://markezine.jp/article/detail/27249

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング