SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、データロボットとパートナー契約締結 AI活用したマーケティングソリューションを提供

 電通デジタルは、米国本社のデータロボットとパートナー契約を締結し、AI・機械学習の自動化、高速化プラットフォーム「DataRobot」を活用したマーケティングソリューションの提供を開始する。

 「DataRobot」は、世界の優れたデータサイエンティストのノウハウにより高い精度の予測モデルを短時間で自動生成し、事業への導入を高速化することができる機械学習プラットフォームとして注目されている。

 今回のソリューションでは、企業が保有する1stパーティデータと電通グループが保有する各種オーディエンスデータやテレビの実視聴ログデータ、購買データなどを統合したパブリックDMP「People Driven DMP」を連携。そのデータを「DataRobot」を通じて分析し、エンドユーザーの購買確度や購買要因などを高精度に予測する。

 さらには、予測結果をマーケティングオートメーションやCRM、SFA(営業支援システム)、広告プラットフォームなどのマーケティングツールへ連携することで、高度なマーケティング施策のスピーディーな実行を可能にする。これにより電通デジタルは、「本当に必要な人に、必要な場所で、必要なタイミングで、求められるコンテンツを提供」していく狙いだ。

 さらに同社は、今後もデータロボットとの連携を強化し、AI利活用に関するプランニング、統合データベース基盤の整備、各種マーケティングツールとの連携、さらには業務改善支援・定着化までを含めたトータルでのAIコンサルティングサービスを提供していく。

【関連記事】
電通と電通デジタル、プロトタイピングのトータル支援行うサービスを提供開始
電通デジタル、トランスコスモスと業務提携 戦略から実行までトータルサポートする新会社設立
電通デジタルと電通、人基点でPDCAを回す統合フレームワーク開発 DMPのリニューアルも
電通デジタル、Sprinklr Japanと業務提携 ソーシャルデータの活用支援を強化
電通デジタルとトライベック、「ECサイト診断」サービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング