SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日経リサーチとABEJAが業務提携 AIを活用したソリューションサービスの創出・提供へ

 ABEJA(アベジャ)は、10月26日に日経リサーチと業務提携を行った。両社は共同開発体制を構築し、マーケティングをはじめ顧客との接点に関する調査事業の領域において、AIを活用した新たなソリューションサービスの創出に取り組む。

 日経リサーチは、顧客接点を対象とした調査のほか、消費者による店舗評価リポートや首都圏・関西の商圏分析など、マーケティング戦略に役立つ調査実績を重ね、ノウハウを培ってきた。一方ABEJAは、AIの中でもディープランニング技術に強みを持ち、データの取得・蓄積・学習・解析・出力・フィードバックを行うPaaS基盤「ABEJA Platform」の研究開発を行っている。

 両社は、これらの知見を活かし、迅速な経営判断を可能にするサービスの提供を目指す。具体的には、カメラによる画像認識データやマイク収録音声のテキストデータ化など、従来の調査とは異なるアプローチで自動取得したビッグデータを、ABEJAのAIを応用して分析・可視化を行う。

 新サービスの開発では、ABEJAの小売り・流通向けサービス「ABEJA Platform for Retail」を通じて、日経リサーチが蓄積した調査データをABEJAのクライアントに提供。金融や小売り、流通業界など、顧客接点の現場で収集した各種ビッグデータを基に、連携してディープランニングのモデルを構築する。またダッシュボードなどによる「見える化」など、クラウド経由で業務ソフトを利用する新たなSaaS型サービスの開発を進めていく。

 なお、ABEJAがシンガポールに設立した現地法人と、今秋日経リサーチが開設するタイの現地法人を連携し、アジア地域での営業活動も拡大していく予定だ。

【関連記事】
マクロミルと日経リサーチが業務提携、ネットリサーチのパネル利用などで連携
ブランド力、日本MSが首位に返り咲き/LINE躍進【日経リサーチ ブランド戦略サーベイ2014】
日経リサーチ、顧客情報戦略の新サービス「ミルフィーユ」リリース
AIのビジネスへの活用を促進!オープンプラットフォーム「ABEJA Platform」ベータ版が公開
さくらインターネットとABEJA、「さくらのIoT Platform」での連携を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング