MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYMP・ヤフー他、視聴ログやWeb上のCVデータ用いたテレビCMプラニング支援を提供開始

2017/10/31 15:00

 博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)、Handy Marketingは、Yahoo! JAPANの調査パネル「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」(※)をはじめ多様なデータを活用したテレビCMプラニングソリューション「Handy TV Insight」を提供する。

 「Handy TV Insight」は、「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」から取得するテレビ視聴ログ、Yahoo! JAPANサイトの行動データや、広告主サイトのコンバージョンデータなど、目的に応じた様々なデータを活用し、オンライン上でのアクションを最大化する効果的なテレビCMプラニングを提示する。

 たとえば、Yahoo! JAPANが提供する広告経由で蓄積したコンバージョンデータをもとに、今後コンバージョンする可能性が高いユーザー層を抽出、それらユーザー層の番組視聴傾向を明らかにできる。

 これにより、広告主のKGI(Key Goal Indicator/重要目標達成指標)に直接的に貢献する、より高度なテレビCMプラニングが可能となる。

 三社の分担としては、博報堂DYメディアパートナーズ、Yahoo! JAPANが「Handy TV Insight」を開発・提供し、多様なデータをテレビCMプラニングに活かす分析をHandy Marketingが行う。

 ※「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」は、関東・関西に居住する約8,000人の調査モニターの24時間365日のテレビ実視聴データとYahoo! JAPANサイトの行動データを紐づけたYahoo! JAPANの調査パネル。

【関連記事】
動画コンテンツを視聴するデバイス、ついに「スマホがテレビを超える」【ジャストシステム調査】
インテージ「i-SSP」のテレビ視聴データ提供が早期化 放映翌日に接触者への追加調査が可能に
動画サービス、利用率76%に/TV局運営サービスの利用増【博報堂DYメディアパートナーズ調査】
AbemaTV、「AbemaTV Data Labs」を設立 データ活用した番組制作や広告配信目指す
インテージ、都道府県別テレビ視聴実態を可視化する視聴データの提供開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5