MarkeZine(マーケジン)

記事種別

タカラトミー、マーケティングデータ基盤に「b→dash」を採用 One to Oneの施策を強化

2017/11/08 15:30

 玩具メーカーのタカラトミーは、デジタルシフト強化を推進する目的で、フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入した。

 タカラトミーは、2012年からECサイトを開設し、デジタルマーケティングへの取り組みを本格的に開始。最近では一人ひとりの属性・行動データに基づいたOne to Oneマーケティングに注力してきた。

 しかし、データ活用によるOne to Oneマーケティングを目的に、ECサイトへ複数のマーケティングやデータ管理に関するツールを導入していったことで、データが各ツールに分散され、データの統合・処理を行う際に膨大なコストと工数が発生していた。

 そこで、今回「b→dash」を導入し、これまで分散していた広告データやアクセスログデータ、購買データ、顧客データなどタカラトミーが持つビッグデータを一元的に取得・統合・活用できる環境を実現。これまで膨大な時間を費やしていたデータ管理・統合業務が簡易化・最適化されていくため、生産性向上が期待される。

 また、データが統合されたことで多様なデータの掛け合わせが実現し、より詳細なセグメントによるOne to Oneマーケティングが可能になる。具体的には、b→dash上で、初回購入トライアル促進、離脱率改善、リピート率向上などの各施策をユーザーごとの属性・行動データに基づいて最適化することができる。

 将来的にタカラトミーは、玩具という商品特性によって得られる、顧客の家族構成や年齢、興味関心を示す行動データなど、複数のデータを統合。これまで捉えることができなかった顧客インサイトを、商品戦略・商品開発へとフィードバックしていく狙いだ。

【関連記事】
AIが写真に合ったタグを自動生成!iPhone/iPad向けアプリ「TAGGER」リリース
電通テック、レモネードのインスタ特化型プラットフォームと連携
DAC「AudienceOne」、CAの動画アドネットワーク「LODEO」と連携 ターゲティング拡充
レモネード、インスタに特化した「INFLUENCER ONE」登録者のフォロワーが5,000万を突破
DAC、アドフラウド対策としてSSP「YIELD ONE」利用媒体社への「ads.txt」設定支援へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5