SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタルと電通、Kaizen Platformと提携 デジタルクリエイティブ制作や運用体制を強化

 電通デジタルと電通は、WebサービスのUI改善を効率的に実現する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platformと新たに業務提携契約を締結した。

 同時に、株式会社電通イノベーションパートナーズが運用する「電通デジタル投資事業有限責任組合」(電通デジタル・ファンド)を通じて、Kaizen Platformに出資することで合意した。

 電通デジタルと電通は、2017年6月に、広告パフォーマンスの最適化と広告効果の透明性の確保に向けた取り組みを加速させるためにKaizen Platformと業務提携し、同社が認定する動画広告クリエイターの活用などを行ってきた経緯がある。

 また、Facebook動画広告のクリエイティブ制作と運用を簡単かつ安価に、そしてスピーディーに改善して広告のパフォーマンスを最大化するソリューション「P動CA」を電通デジタルと電通、Kaizen Platformの3社で共同開発している。今回の提携では、その取り組みのさらなる発展を目指す。

 これにより、電通グループは独自のデジタルクリエイティブ制作や運用体制の強化・拡充を図っていく。加えて、クリエイティブ・パフォーマンスの向上に向けて、Kaizen Platformと共同でデータ分析やノウハウ蓄積、ツール開発、グロースハッカーをはじめとするクリエイティブ人材ネットワークの拡大を進めていく。

【関連記事】
電通デジタルとビービット、「ユーザグラム」活用したMAのPDCA支援を開始
電通デジタルと電通、動画広告の最適化行う「BRAND LIFT CHECKER」をリリース
電通デジタルとISID、 マーケティングシステム領域におけるグループ横断組織を立ち上げ
CandeeとKaizen Platform、クリエイティブのPDCA運用を前提にした動画広告を提供
離脱の原因はどこにある?Kaizen Platform、「サイト健康診断サービス」の提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング