SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

野村総研とドコモ・インサイトマーケティング、昼間人口ベースの富裕層エリアデータを提供へ

 野村総合研究所(以下、NRI)とドコモ・インサイトマーケティング(以下、DIM)は、両社が共同開発した、昼間の時間帯でエリアごとに特定層の人数を推計したデータの提供を開始した。なお今回対象となる特定層は、40~60歳代で資産1億円以上の富裕層である。

 「居住地(夜間人口)ベース」のエリアデータは、国勢調査を代表に様々なものがある。これに対し、昼間の時間帯で特定のエリアにどういう属性を持った人が何人いるかという「昼間人口ベース」のデータは、性別や年齢層別などに限られていた。

富裕層が多く居住する地域(東京23区:居住地ベース)
富裕層が多く居住する地域(東京23区:居住地ベース)
平日14時に富裕層が多くいる地域(東京23区:昼間人口ベース)
平日14時に富裕層が多くいる地域(東京23区:昼間人口ベース)

 NRIでは、これまで各種のエリア別統計を組み合わせて分析した、居住地ベースの富裕層推計データを提供してきた。そのデータにDIMが提供する「モバイル空間統計」を組み合わせることで、「昼間人口版 富裕層エリアデータ」の推計が実現した。

 同データを活用することで、たとえば「平日の13時、東京都世田谷区の成城に40~60歳代の富裕層が何人程度いるのか」「休日の10時には、東京都中央区銀座に特定層に属する人が何人程度いるのか」などの分析が可能に。またこれらのデータ活用により、外出している人を含めて昼間特定のエリアにいる富裕層をターゲットに店舗配置を最適化したり、その層に向けたイベントやキャンペーンにおける費用対効果の向上を図ることができる。

 両社は今後「住宅取得を考えている層」や「生命保険加入を検討している層」などが、昼間の時間帯に多く集まるエリアを抽出するなど、企業のニーズに応じた昼間人口データの提供を検討し、実現していく。

【関連記事】
富裕層女性の3割弱、1か月で自由に支出する金額は20万円以上に
博報堂、アジア富裕層専門PRエージェンシーの株式60%取得
米国富裕層のモバイルショッピング平均額は628ドル 
DACの「AudienceOne Discovery」、エリアマーケティング用の統計データを拡充
インテージ、都道府県別テレビ視聴実態を可視化する視聴データの提供開始へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/01/12 18:00 https://markezine.jp/article/detail/27742

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング