SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米Google、「ビデオ版AdSense」ベータ版の提供開始

 「ビデオ版AdSense(Video for AdSense)」では「ビデオ内広告」と「テキスト・オーバーレイ広告」の2種類を展開。いずれも再生画面内の下部20%を占めるスペースを使って広告を表示する。Googleのサイトで公開されているデモで、その違いを見てみよう。まず、ビデオ内広告の場合、広告スペースをクリックすると、広告主のCMが画面内で再生される。

ビデオ内広告の例。画面下部に表示された広告をクリックすると…
画面内でCM再生がスタートする。

 一方のテキスト・オーバーレイ広告の場合、画面下部の広告スペースにテキスト広告とURLが表示され、広告スペースをクリックすると広告主のサイトに誘導する。広告は、その動画につけられたタグや配置されたページ内のコンテキストに合ったものが配信される。

広告スペース内の「<」「>」ボタンをクリックすると
広告を次々と切り替えることができる。

 ビデオ内広告の場合、支払はCPMベース、一方のテキスト・オーバーレイ広告はCPCベースとなる。ビデオ版AdSenseのサービス開始当初は、ひと月100万規模のビデオストリーミングを行っている米国内の英語サイトでの展開に限られるが、Googleは将来的にはその範囲を広げていく方針だ。

【関連リンク】
Google、広告付きの動画配信をAdSenseでスタート
「MSNビデオ広告」に新フォーマット「MSN Times Ad」登場
Google Video Advertising Solutions(ビデオ広告デモ)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/12 18:54 https://markezine.jp/article/detail/2778

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング