SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェントのAI研究開発組織、大阪大の石黒教授とチャットボットに関する特許を共同出願

 サイバーエージェント内の人工知能技術の研究開発組織「AI Lab」は、大阪大学基礎工学研究科 石黒教授との共同研究講座において、「チャットボットによる話者感情制御」に関する特許を共同出願した。

 近年、テキストチャットによる企業と顧客のコミュニケーション機会が増えてきており、特にカスタマーサポートへのチャット利用が拡大している。カスタマーサポートにおける顧客からの問い合わせの中には、単に怒りや苛立ちをぶつける、理不尽なクレームをつけるなど悪質なものもあり、感情的になっている顧客に対して、特に経験の浅いオペレーターが適切に対応することは難しく、対応に精神的な苦痛をともなうことが問題になっている。

 このような背景のもと、子会社を通じてチャットボットサービス「AI Messenger」を提供するサイバーエージェントでは、石黒教授と共に「チャットボットによる話者感情制御」に関する技術を開発し、今回の特許出願に至った。クレーム対応を模した実験環境での評価の結果、顧客の感情の抑制効果が期待できることがわかっている。

 今後同社は、今回出願した技術を用いて実証実験を進め、チャットボットやロボットと人とが調和的に共存できる世界の実現を目指す。

【関連記事】
チャットボットサービス「AI Messenger」、「LINE カスタマーコネクト」の全機能に対応
阪急うめだ本店、AIを活用した店内案内のチャットボットサービスを導入
ジャパンネット銀行、LINEでの問い合わせ対応を開始 AIで24時間365日対応
ユナイテッドアローズ、オムニチャネルでの顧客体験の向上を目指し「Domo」を採用
トランスコスモス、LINEとSalesforce Service Cloudの連携行う製品の提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング