SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE WORKS、サービス開始1年で契約企業数が約1万社に

 ワークスモバイルジャパンは、ビジネス版LINEの「LINE WORKS」がサービス開始から1年で、有料の契約企業数は約1万社(グローバル合算)となり、前年比で7.8倍に成長したことを明らかにした。顧客全体に占める中小企業の割合が87%、地方企業が55%となっている。

 また、大手企業にも、野村證券やミズノ、オープンハウスなど様々な企業に導入されていることも発表した。

 同サービスはチャットやカレンダー、フォルダなどに代表されるビジネスで必ず利用される多数の機能がありながら、ユーザーの多くがPCではなく、スマートフォンだけで利用しているという特長があり「利用者のITリテラシーに関わらず誰でも使える」ことが導入企業より評価されてきた。

 今後の展開として同社は、引き続きITリテラシーを問わずスマートフォンだけで直感的に利用できることを重視し「使いやすさ」の強化を進めていくとした。

 また、だれもが簡単に使える対話型のインターフェース、利用頻度の高さという強みを活かし、PCがなければ利用できなかった社内システムの入り口となるよう、様々なソリューションとの連携を進める。

 今回は第1弾としてMarketo、SAPジャパン・豆蔵との協業との協業を発表。Marketoに関しては、導入企業の顧客からWeb経由でのお問い合わせなどのアクションが合った時、担当営業のLINE WORKSに自動で通知が送られるソリューションの提供が行われる。

 SAPジャパン・豆蔵との連携では、これまで主にPC上から利用していた基幹系システムをLINE WORKSのインターフェースで利用することが可能となる。

【関連記事】
LINEモバイルとソフトバンク、戦略的提携に向け基本合意
「LINEリサーチ」、低価格・短納期での調査が可能な「ライトコース」の正式版をリリース
「LINE WORKS」と「Marketo」がサービス連携へ ユーザビリティの強化目指す
「LINE WORKS」と「hachidori plus」が連携 よりスムーズな顧客対応を実現
LINEとワークスモバイル、ビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/02/06 15:30 https://markezine.jp/article/detail/27865

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング