SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライブ配信の拡散と編集が可能に!電通PRとCandee、ライブ動画領域のソリューションを共同開発

 Candeeと電通パブリックリレーションズ(以下、電通PR)は、動画配信ソリューション「True Post」と、ハイライト動画ソリューション「Highlight Post」を共同開発し、サービスの提供を開始した。両社は、生活者に直接情報を届けたいという、時代の変化に伴った企業ニーズの高まりを受け、今回の取り組みに至った。

 ライブ動画配信ソリューション「True Post」は、企業が開催する記者発表会やPRイベントなどを、複数のソーシャルメディアアカウントへ、同時にライブ配信するサービスだ。同サービスでは、企業がライブ動画のマルチアカウント配信に必要な環境をワンストップで提供する。

 またハイライト動画ソリューション「Highlight Post」では、「True Post」で撮影したライブ配信動画のデータを基に、生活者に伝えたい大切な部分やイベントの見どころを60~180秒程度のハイライト動画に編集することが可能。動画はイベント終了後、即日に納品する予定である。ハイライト動画は、ニュース素材やソーシャルメディアでの配信、メディアタイアップによる配信、ソーシャルメディア上で展開する動画広告の素材に使用するなど、幅広い用途で活用することができる。

 さらに「Highlight Post」には、電通PR内の企業広報戦略研究所の調査データを活用。「人的魅力」「会社的魅力」「商品的魅力」の3つの魅力を、業界・企業に適した配分で盛り込み、ハイライト動画を制作する。

【関連記事】
クックパッド、料理動画事業を分社化し新会社「CookpadTV」の設立へ
電車内の動画広告、2割が興味示した経験あり/YouTuberの認知度は?
有料動画アプリの利用者数が2年間で154%増/動画アプリの利用状況は?
Candee、外国人を中心としたタレント事務所「Maxitalency」と提携
Candee、24.5億円の第三者割当増資を実施 ソーシャルビデオプラットフォーム構想を加速

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング