SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヒット番組を連発するAbemaTVが語る、話題創出力とは?【MarkeZine Day 登壇情報】

 2018年3月8日から9日に開催される「MarkeZine Day 2018 Spring」に、現在AbemaTVにてオリジナル番組制作組織を管轄している谷口達彦氏が登壇する。

■開催概要

イベント名称: MarkeZine Day 2018 Spring
登壇セッション:ヒットコンテンツを生み出し続ける、AbemaTVの話題創出力
日時:2018年3月9日(金) 17:45~18:35
会場:東京コンファレンスセンター・有明 9-A-9
スピーカー:株式会社サイバーエージェント 執行役員

      株式会社AbemaTV 編成制作本部 制作局長 谷口達彦氏

参加費: 無料
お申し込みはこちらから

 同セッションでは、2017年に「72時間ホンネテレビ」や「亀田興毅に勝ったら1000万円」などソーシャル上で話題になるコンテンツを制作したAbemaTVの組織体制やノウハウなどが明らかになる。今回登壇するにあたり谷口氏は、次のように意気込みを語っている。

 「AbemaTVでは、今を『50年に1度のマスメディアを創り上げる機会』と捉え、出演者の皆様、制作者の皆様、コンテンツホルダーの皆様と熱狂しながら、人の心に訴えかけるコンテンツを、誰かにとって絶対に観たくなるコンテンツを届けていけるよう日々努力している最中です。

 『番組を企画する』だけでなく、どのように『話題から企画』していこうとしているのか、そのAbemaTVのメンタリティから組織のシステムまで、可能な限りお話しできればと思っております」(谷口氏)

 「話題から企画する」という言葉はあまり聞かない言葉だが、同セッションからは単なる番組作りのノウハウではなく、マーケターがキャンペーンを企画していく上でのヒントが得られる内容になっているのは確かだ。

 ソーシャルもしくは口コミで話題を生む企画を考えるノウハウが知りたい、AbemaTVの現状が気になるといった人にはぜひ参加いただきたい。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング