MarkeZine(マーケジン)

記事種別

GMO NIKKO、ディマージシェアと提携 AIやクラウド活用した新規商材の開発を強化

2018/02/20 08:30

 総合インターネット広告代理事業を展開するGMO NIKKOは、ディマージシェアと2月19日に資本業務提携を締結した。

 GMO NIKKOは、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告などの運用型広告を中心としたデジタルマーケティング施策を提供。一方、ディマージシェアは、「AI×デジタルマーケティング×AD」のテクノロジーを軸に、様々な収益化ソリューションを「デジタルクラウドプラットフォーム」として展開しており、その開発で技術力を培ってきた。

 こうした中、GMO NIKKOは、インターネット広告におけるマーケティングソリューションの提供ノウハウを活かし、ディマージシェアにおいては「デジタルクラウドプラットフォーム」を支える技術基盤を活かすことで、それぞれ異なる側面からお客様の成長に寄与するべく、2013年から協業関係にある。

 そして今回両社は、両社が持つノウハウ・技術の相互共有および連携の強化と、新規商材の技術開発などを共同で進める目的で、資本業務提携を結んだ。

 今後は、両社の相互連携を強化し、双方の事業において相乗効果を生み出すとともに、広告効果測定ツールをはじめ、AIやクラウドソリューションを活用した新規商材の技術開発などを共同で進めていく。

【関連記事】
コカ・コーラのAI解析プロジェクト、ブレインパッドが支援 飲料の消費シーンの把握目指す
電通、データアーティストを子会社化 AIソリューションの開発強化
天気や株価などのデータとAPI連動可能!GMO NIKKO、全11種類の広告クリエイティブをリリース
興味のある商品なら好印象!10代女子のスマホ広告への態度が明らかに【GMOメディア調査】
ROAS最大化へ!GMO TECH、成果報酬型のDSP「GMO SmaAD DSP」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5