SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビジコネ配信ツール「CA-Link」、リタゲとID連携機能を拡充

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、LINE ビジネスコネクト向け配信ツール「CA-Link」において、広告効果を最大化させるリターゲティング機能とID連携機能の拡充を実施した。

 リターゲティング機能には、従来のユーザーによるログイン処理をせずともWebサイトの閲覧履歴をもとにデータフィードから広告クリエイティブを生成・配信する「Dynamicリターゲティングメッセージ機能」に加えて、2つの新機能を追加した。

 1つは、閲覧した商品の類似商品を表示するレコメンド機能。もう1つはリターゲティング除外機能で、同機能を利用するとオンラインで商品を購入したユーザーには該当商品の広告を非表示にできる。

 一方、2017年7月に提供を開始したID連携機能では、これまでのLINEのトークルームからWebサイトに遷移した際の連携に加え、WebサイトからLINEトークルームへ遷移した際にも連携を可能にした。この機能により、ユーザーによるログイン作業をともなうものと比較して200%の連携率が試験配信により確認された。

 これらの機能アップデートにより、導入企業はリターゲティングのメッセージ送信精度が更に高まりCVRの向上が期待されるとともに、購入者へのリターゲティング配信除外によるユーザー体験の向上が見込める。また、課題となりやすいLINEアカウントと企業の会員IDの連携率の更なる改善も可能となる。

【関連記事】
西武ライオンズ、電子チケットとLINE@活用開始 チャットベースのスマートスタジアム化を推進
施策実施前後の購買行動を可視化!「LINE SP Solutions」に新たなメニューが登場
LINE WORKS、サービス開始1年で契約企業数が約1万社に
LINEモバイルとソフトバンク、戦略的提携に向け基本合意
「LINEリサーチ」、低価格・短納期での調査が可能な「ライトコース」の正式版をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/02/22 11:30 https://markezine.jp/article/detail/27959

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング