MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DI.のテレビCMターゲット補完システム「CMARC」にサードパーティ・オーディット・サービスが追加

2018/03/05 10:00

 デジタルインテリジェンスは、3月1日、テレビCMターゲット補完システム「CMARC(シーマーク)」に、サードパーティ・オーディット・サービスを追加した。

 「CMARC」は、テレビCM視聴データをほぼリアルタイムデータとして取り込み、アクチャルのターゲット到達状況を、リーチ(到達人数)とターゲットが見たテレビCMの表示回数(ターゲットインプレッション数)に分解して把握、即時にターゲットリーチをデジタル広告で補完すべきかを判断し、ターゲットに広告配信するシステム。2015年11月よりサービス提供を開始している。

 今回の追加されたサービスでは、企業の個別キャンペーンを対象にテレビ×デジタルの統合リーチ状況を計測する「CMARCキャンペーン・オーディット」、その統合リーチ計測に認知調査をセットにした広告効果測定が可能な「CMARCインテグレート・リサーチ」の2種類のラインナップを用意。なお、コンサルティング型ソリューションとして提供してきた従来のCMARCも「CMARCスタンダード」として引き続き提供を行っていく。

【関連記事】
デジタルインテリジェンス等、マーケティング活動を評価するダッシュボード提供へ
DI.、テレビCMとデジタル広告の統合管理および広告配信に関する特許を取得
DI.×DAC、TVCMキャンペーンのターゲットリーチ補完を目的としたデジタル広告配信を開始
DI.、テレビCMに向けられた視聴者の注視行動を計測する新指標データの提供を開始
デジタルインテリジェンス、「男女脳プロジェクト」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5