SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ガイアックス、Market Driveと提携 YouTubeを軸としたSNSマーケティングを支援

 企業のSNSマーケティング支援をするガイアックスは、Market Driveとの提携を実施。企業のYouTubeチャンネル立ち上げ・運用サービスを提供し、YouTubeを軸としたSNSマーケティング支援を開始する。

 現在動画広告市場は伸びており、その中でもYouTubeを中心とするインストリーム広告が市場において大きな割合を占めている。また最近はYouTuberと企業のタイアップ広告も増加してきており、企業におけるYouTube活用ニーズが高まっている。

 これまで企業のYouTube活用は、広告かYouTuberとのタイアップがメインで、YouTubeチャンネルをマーケティングに上手く活用している企業は多くなかった。その背景には、アップ動画をYouTube最適化できない、YouTube上での集客手段がない、YouTube上で流行るコンテンツがわからないといった課題がある。

 このような課題を解決するために、同社はYouTubeチャンネル運用を軸としたSNSのマーケティング支援サービスを開始。従来のYouTube広告・YouTuberとのタイアップ施策は資産として蓄積されないが、同サービスでは自社チャンネルを運用することでコンテンツがストックされるため、資産として残る施策を展開することが可能だ。

 また、YouTube用に制作した動画コンテンツを各SNS(Facebook・Twitter・Instagram)に最適化して発信することで、ユーザーとのタッチポイントの最大化を図る。

【関連記事】
ガイアックス、BtoBマーケティング支援サービス「MARKEiT」をリリース
ガイアックス、シェアリングエコノミーに特化したファンド「シェアリングエコノミー」を設立
ガイアックス、ソーシャルゲームに特化した「アクティブサポートサービス」の提供を開始
YouTuber版CM王CM女王ランキング2017、第1位に輝いたのは?【サイバーエージェント調査】
電通、2017年日本の広告費を発表 6年連続でプラス成長/ネット広告費が1兆5,000億円超え

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/14 15:00 https://markezine.jp/article/detail/28072

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング