SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

1か月に100万円相当の電子マネーをメールで送れる「楽天キャッシュ」

 「楽天キャッシュ」は、東京都民銀行が発行した電子マネーを1ポイント=1円として、「楽天市場」など約60,000店、約21,000,000アイテムの商品・サービスの購入に使ったり、換金することができる。

 「楽天キャッシュ」を購入するには、都民銀行楽天支店(楽天バンク@TTB)に本人名義の口座を持つか、楽天カードが必要になるほか、「楽天スーパーポイント」やクレジットカードとの併用も可能。楽天バンク@TTBで購入すると、手数料1%。楽天カードで購入すると手数料2.50%がかかる(いずれも消費税別)。購入単位は1000ポイント以上、100ポイント単位。1回の購入は10万ポイントまで、1か月の購入上限は10万ポイントまでとなっている。

 楽天キャッシュは自分で使うだけでなく、一律52ポイント(52円相当、税込)の手数料で、24時間いつでも電子メールで送ることができるのが特徴。送信単位は52ポイント以上の1ポイント単位。1回の送信額は10万ポイントまで、1か月の送信上限は100万ポイントまで。楽天会員でない人がメールを受取った場合は、楽天会員登録をすれば受取り可能となる。

 ポイントの換金申請にも、楽天バンク@TTBに口座が必要。換金には5%の手数料がかかる。換金単位は1000ポイント以上、1000ポイント単位。1回あたりの換金は10万ポイントまで、1か月の換金上限は100万ポイントまでとなっている。

【関連リンク】
電子マネー市場、2012年度には約6兆6000億円と予想
電子マネー「WebMoneyシート」がQRコード印字に対応
SuicaとICOCA相互利用へ ファミリーマートとNTTドコモは「iD」全店導入へ合意
nanaco(ナナコ)投入で口火を切った「電子マネー戦国時代」

楽天PoinClub

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/10/15 12:29 https://markezine.jp/article/detail/2808

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング