SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、トランスコスモスらとLINEマーケティング支援を開始 Salesforce製品ベースに

 電通デジタルは、トランスコスモス、両社が立ち上げた電通デジタルドライブと共同で、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Marketing Cloud」を活用した、コミュニケーションアプリ「LINE」における企業のマーケティング支援サービスを開発し、戦略策定から配信運用まで一気通貫したメニューの提供を開始した。

 今回のサービスでは、電通デジタルが多くの導入実績を持つ「Salesforce Marketing Cloud」をプラットフォームに、LINEの企業向けAPI「LINE ビジネスコネクト」と連携。LINEでのユーザーの嗜好・Web上の行動をトリガーとしたセグメント配信、メールやアプリなどの他チャネルと組み合わせたマルチチャネル配信、販促キャンペーン活用が可能になる。

 さらに、トランスコスモスが独自開発した「DEC Connect(デック コネクト)」を中継モジュールとして組み合わせることにより、「チャットボット」(自動応答機能)とも連携できる。これにより、チャットの会話情報をデータソースとした「Salesforce Marketing Cloud」によるLINE配信が可能になった。

 今回のメニュー提供にあたり、電通デジタルはデジタルコミュニケーション設計の知見、トランスコスモスはLINE運用実績、電通デジタルドライブは両社の知見を活用。運用の業務標準化によるサービスのパッケージ化を行うことで、業界別に最適化したメニューの提供を実現した。各社の強みを活かして戦略策定から配信運用まで一気通貫したサービスを提供する。

【関連記事】
電通デジタルと電通、AI活用してクリエイティブ開発を行う組織を発足
電通と電通デジタル、Twitter広告のブランド価値毀損リスクを軽減するサービスの提供へ
トランスコスモスとLINEの共同出資会社、資金調達 Salesforce製品との連携強化
電通デジタル、トランスコスモスと業務提携 戦略から実行までトータルサポートする新会社設立
トランスコスモス、LINEとSalesforce Service Cloudの連携行う製品の提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/22 16:45 https://markezine.jp/article/detail/28122

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング