SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

約65%の若手デジタルマーケターが事業会社に転職希望、その動機とは【ウィンスリー調査】

 広告・デジタルマーケティング業界特化型人材ヘッドハンティング事業を行うウィンスリーは、同社サービスに登録する転職候補者のうち、広告業、PR業界に所属する若手デジタルマーケターの転職におけるインサイトを調査した。

約65%が事業会社への転職を希望、その動機は

 同社の人材紹介サービスに登録する約1,700名の転職者インサイトを調査したところ、広告代理店やPR会社に所属する26歳~35歳、社会経験4年目以降の若手デジタルマーケティング従事者の約65%が、デジタルサービスやメディア系以外の事業会社への転身を希望していることがわかった。

 動機としては、「意思決定する側であること」「予算を持っている」「差配する側に立ちたい」「働く環境が良さそう」などが主な回答として挙げられた。

事業会社への転職成功率は25%以下に

 事業会社への転職成功率に焦点を当てて調査した結果、広告代理店から事業会社マーケティング部署への成功率は全体として25%であることがわかった。特に営業職出身者では10%以下に低下していた(いずれも当社調査結果に基づき算出)。

転職成功者でも年収は現状維持か減少傾向に

 実際に事業会社への転身を成功させた方のうち、採用を積極的に拡大している一部大手事業会社以外では、現状維持もしくは10%~30%程度、年収がダウンしていることも明らかになった。

【関連記事】
マルケトとシルバーエッグが連携 金融・人材・不動産業界のOne to Oneマーケティングを強化
元LINEの佐々木大輔氏と元グーグルの茅根哲也氏がスマートニュースに参画
マルケト、人材育成支援「Marketo University」を日本で本格展開
電通デジタルとISID、 マーケティングシステム領域におけるグループ横断組織を立ち上げ
ランサーズ、月額報酬50万円以上のエンジニアを紹介するサービス「Lancers Top」開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/26 09:00 https://markezine.jp/article/detail/28133

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング