SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「AJINOMOTO PARK」リニューアル AIを活用した献立提案システムが目玉

 味の素はレシピサイト「AJINOMOTO PARK」を全面リニューアルオープンした。新「AJINOMOTO PARK」には同社として初めて開発したAIを活用した自動献立提案システムを導入している。

 味の素の調査によると、普段食事作りをする人は、“栄養バランスの良い献立”を最も重視している一方、約76%が、おかず(主菜・副菜)や汁物の組み合わせといった“献立を考える”ことに負担を感じているという。

 そこで味の素では、サイト上でお客様が選択したレシピに対し、主菜、副菜、汁物から適切な2品を加え計3品の“献立”として瞬時に提案するシステムを開発し、ビジネスモデル特許を出願した。味の素が栄養士等有資格者監修のもと、約1万レシピをデータベースとして蓄積してきたことで実現したという。

 このシステムの特長は次の2点だ。1点目は、献立としての栄養計算だけではなく、季節、和洋中のジャンル、調理効率(食材・調理器具の数)等、食事作りをする人が考慮するポイントも要素としていること。2点目は、AIを活用して、彩りや味のバランスなど数値や言語では表せない感覚的な要素も含めた精度の高い献立提案を可能にしていること。

 新「AJINOMOTO PARK」は“簡単なのに驚くほどおいしく、からだにも良い毎日の食卓をサポートする”をコンセプトに、自動献立提案システム以外にも、<料理の基本>、<テーマ別 健康と食情報>など、日々の料理に役立つコンテンツをそろえている。

【関連記事】
DeNAと味の素、「未病」テーマにへルスケアの実証事業を開始
オススメしたい好きなWebサイトは?トップ3はANA/味の素/無印良品に【トライベック調査】
「クックパッド」1人勝ち一変か、レシピ動画アプリのユーザー数が急上昇【ヴァリューズ調査】
レシピ動画サービス kurashiru運営のdely、総額30億円の第三者割当増資を実施
ニフティ「シュフモ」、売り場に応じてプッシュ通知送るプラットフォームを構築~丸紅らと実験

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/27 07:20 https://markezine.jp/article/detail/28140

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング