SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アスクル、ECマーケプロセスの確立を目指す「LOHACO ECマーケティングラボ」第5期活動開始

 アスクルは2018年4月18日、「LOHACO ECマーケティングラボ」(以下、ラボ)の第5期活動開始にともなうキックオフミーティングを開催した。本活動は、2014年2月にアスクル本社内に研究拠点を設置し、ビッグデータを活用したEC時代における新たなマーケティング手法の研究とスピーディーな実践を追求する取り組みとしてスタートしたもの。これまで、第1期12社、第2期55社、第3期102社、第4期127社と日本を代表するメーカーを中心とした企業(以下、ラボ参加企業)の参加を得て取り組んできた。第5期を迎える今年は、全129社のラボ参加企業(サプライヤー企業:124社、フレンドシップパートナー:5社)、約400名の研究員とともにこれまでの取り組みをさらに推進していく。

第5期キックオフ会場の様子
第5期キックオフ会場の様子

ラボの活動

 ラボの本活動は、「データは社会に還元され、活用されるべきもの」という思想のもと、LOHACOにおけるビッグデータをラボ参加企業に開放(※)し、これを分析することで顧客の購買行動やライフスタイルを研究し、得られた仮説をLOHACOで検証することで効果の高いECマーケティングを実現するというもの。また、分科会やゼミを通してマーケティング活動の情報や事例を共有化し、ラボ参加企業同士による学びと成長のオープンプラットフォームが形成されている。

 ※ 開放するデータには個人情報および個人を特定・再識別化できる情報は含まれず、サーバーは物理的に別に管理している。

第5期は「ECマーケティングプロセスの確立」

 第4期までのラボ活動はビッグデータを活用した「販促」施策が中心だったが、第5期は、「ECマーケティングプロセスの確立」に取り組む。新商品の開発、シェア拡大、廃棄ロスゼロ化など、商品ライフサイクルの最適化をさらに磨き込むほか、メーカーファンサイト等との連携を強化し、顧客へのライフスタイル提案にも活動領域を広げていく。 また、これまで以上にラボ参加企業の成長に重点におき、各企業・各商品カテゴリーの現状分析と注力すべき施策を可視化してラボ参加企業に共有するなど、成長を促進するための新たな支援を行っていく。

【関連記事】
アスクル、LOHACO専門の物流センターを初めて開設 デジタル×リアルのマーケティングを可能に
LOHACO、カスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」の試験運用へ
LOHACO、「1時間単位の指定」「到着10分前の通知」可能な受け取りサービスを8月末から本格展開
ネスレ日本、アスクルと物流領域で提携へ~直販ビジネスの拡大が目的
2013年度通販事業者総売上高は2兆円超/アスクルが売上高トップ企業に君臨【帝国データバンク調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング